屋内の木部や実用家具 工作品に適しています 和信ペイント 新品 水性ウレタンニス つや消しクリヤー 130ml 479円,rajustudio.com,/copulatory1791614.html,ホビー , ホビー工具・材料 , 塗料・塗料用品,130ml,つや消しクリヤー,和信ペイント,屋内の木部や実用家具、工作品に適しています,水性ウレタンニス 479円 屋内の木部や実用家具、工作品に適しています 和信ペイント 水性ウレタンニス 130ml つや消しクリヤー ホビー ホビー工具・材料 塗料・塗料用品 479円,rajustudio.com,/copulatory1791614.html,ホビー , ホビー工具・材料 , 塗料・塗料用品,130ml,つや消しクリヤー,和信ペイント,屋内の木部や実用家具、工作品に適しています,水性ウレタンニス 屋内の木部や実用家具 工作品に適しています 和信ペイント 新品 水性ウレタンニス つや消しクリヤー 130ml 479円 屋内の木部や実用家具、工作品に適しています 和信ペイント 水性ウレタンニス 130ml つや消しクリヤー ホビー ホビー工具・材料 塗料・塗料用品

25%OFF 屋内の木部や実用家具 工作品に適しています 和信ペイント 新品 水性ウレタンニス つや消しクリヤー 130ml

屋内の木部や実用家具、工作品に適しています 和信ペイント 水性ウレタンニス 130ml つや消しクリヤー

479円

屋内の木部や実用家具、工作品に適しています 和信ペイント 水性ウレタンニス 130ml つや消しクリヤー




臭いが少なく、扱いやすい水性塗料です。
乾くと硬い塗膜ができるので、実用的なものにも使えます。
カラーバリエーションとして、色付きのつや消しシリーズが追加されました。
食品衛生法に適合しているので、菓子皿や箸などの食器にも使用できます。
また、お子様のおもちゃや食卓にもお勧めです。
(完全に乾いていることが条件になります。完成後、7~10日ほど乾燥期間を取ってください)
◆食品衛生法 厚生省告示第370号 合成樹脂一般規格適合

■透明クリヤーとつや消しクリヤーは白い液体ですが、乾くと透明になります
■同じ製品同士であれば、混ぜて色を作ることができます
■塗料が塗りにくくてうすめる場合は、水でうすめてください。塗るときの色をうすくしたい場合は、色物と透明クリヤーを混ぜてください
■乾燥時間は薄塗りした場合の目安です。厚塗りすると、著しく乾燥に時間がかかる・乾燥後に表面が割れるなどの不具合が起こる場合がありますので、薄塗りを心がけてください
■使ったハケは水で洗えます。石けんや中性洗剤を使うと、よりきれいに洗うことができます
■浴室など、高湿度の環境で使うものには使用しないでください

ホルムアルデヒド放散等級 : F☆☆☆☆
水性ウレタン系エマルション塗料

【食品衛生法について】
当社製品にある「食品衛生法適合」の表記は、水温60℃・試験時間30分の条件で、溶出する指定有害物質が規定量以下であることを意味しています。
作品を常温で使用することを想定しておりますので、塗装容器を煮沸するなど、想定を超える使い方をすると適合数値を外れる場合があります。
(食品衛生法 厚生省告示第370号 合成樹脂一般規格適合)

塗り面積:1.4平方メートル
●塗り面積は、2回塗りした場合の目安です

●乾燥時間乾燥時間:約 90 分/20℃
●うすめ液:水(原液のままでも使用できます)

屋内の木部や実用家具、工作品に適しています 和信ペイント 水性ウレタンニス 130ml つや消しクリヤー

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中年女性に認められた胸腺過形成の2例を報告する.症例1は46歳,女性.CTで胸腺腫を疑い,胸腔鏡下に腫大した胸腺の生検を施行し,迅速組織診では,反応性リンパ節の診断であった.しかし,永久組織標本では胸腺腫を否定出来ず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行した.最終的にリンパ濾胞性胸腺過形成と診断した.症例2は48歳,女性.CTおよびMRIで縦隔腫瘤を指摘された.MRIで腫大した胸腺内に16mm大の結節を認め,こちらは胸腺嚢胞を疑ったが,悪性腫瘍も否定できず,胸骨正中切開下に胸腺胸腺腫瘍摘出術を施行し,真性胸腺過形成および胸腺嚢胞の合併と診断した.自己免疫性疾患の合併を伴わないリンパ濾胞性胸腺過形成や,外傷や化学療法などの治療歴のない非若年者における真性胸腺過形成の報告は極めて稀であるので報告した.

We report two middle-aged women with thymic hyperplasia mimicking thymoma. A 46-year-old woman presenting with a cough was referred to our division for the diagnosis of a light diffuse interstitial shadow of the lung and a mass in the anterior mediastinum on a CT scan. A thymic specimen obtained by video-assisted thoracoscopic surgery showed lymphoid follicles. As we could not rule out a thymoma because she had no autoimune diseases, we performed a thymo-thymectomy through a median sternotomy. The final diagnosis was not thymoma but lymphofollicular thymic hyperplasia. The other patient was a 48-year-old woman who presented with precordial pain. A cystic lesion in the anterior mediastinum was found on chest CT and MRI. True thymic hyperplasia combined with a thymic cyst was diagnosed on thymo-thymectomy through a median sternotomy. Thymic hyperplasia without self-immunologic disorder or true thymic hyperplasia in middle-aged adults is extremely rare. However, this entity should be considered in cases showing an anterior mediastinal mass mimicking thymoma, even in aged patients.

収録刊行物

  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(1), 64-68, 2011-01-15

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

ページトップへ